ハーブファスティングクラブとは?

織田剛先生が提唱するハーブファスティングを実践するためのファスティング実践クラブです。

ハーブファスティングクラブでは、最新のファスティングの知識はもちろんのこと、最新の栄養学の知識をインストールます。

その上で最高級のグレードのハーブを用いて腸、肝臓、腎臓、血液、脳などの各臓器を一つずつハーブファスティングでデトックスしていくことができます。

全身の臓器デトックスを6か月間かけて行っていきますので、半年が過ぎる頃には、別人のような体系で、肌も若返り、パワーがみなぎってきます。

 

ハーブファスティング実践の流れは?

ハーブファスティングクラブ実践クラスでは、ハーブを用いて3日以上のファスティングを行います。

3日間のファスティング中にそれぞれの臓器デトックスに合わせて処方したハーブブレンドを飲みます。それによって、劇的なデトックス効果を感じられるはずです。

 

ファスティング中はご自身で酵素ジュースやスープを作って飲んでいただくので、空腹感はかなり少ないのが特徴です。

 

ハーブファスティングクラブ実践クラスのサービス内容

6か月間のハーブファスティングクラブ実践クラスのサービス内容を一つ一つ解説していきます。

内容は多少変更があるようなので、詳細は下記から確認してください。

 

1,ハーブファスティング6回分の高グレードのハーブブレンドの提供

6か月間のハーブファスティングクラブ実践クラスの期間中、毎月一つ高グレードのハーブブレンドが送られてきます。

ハーブファスティングは、腸,肝臓、腎臓、血液、脳、この順番で臓器を一つずつデトックスしていきます。その際に、ハーブブレンドは非常に重要で核となるものです。

ファスティング状態の際に、臓器をピンポイントにデトックスするためのハーブブレンドを飲むことで劇的な効果をもたらします。

織田先生は、この劇的なデトックス効果を出すために、海外の文献を読み漁り、自分自身の体で何度となく人体実験を繰り返し、試行錯誤の末にたどり着いた、臓器ごとのハーブブレンドです。

 

具体的には、

・腸デトックスハーブ1
・腸デトックスハーブ2
・肝臓デトックスハーブ
・腎臓デトックスハーブ
・血液デトックスハーブ
・脳デトックスハーブ

この6回分のハーブファスティングに必要なハーブブレンドと、デトックスハーブティも6か月間送られてきます。

 

ハーブは組み合わせのパワーによってこそ大きな力を発揮するのです。

 

織田先生が数年間に及び、メディカルハーブの文献を読み漁った得た知識と行った人体実験、これによって得た黄金比のハーブブレンドです。

さらに言えば、まがい物のハーブではなく、最高級のハーブを輸入し作っていますので、ハーブの持つ力を最大限発揮出来る状態で飲むことが出来ます。

 

ちなみに、日本国内のハーブは法律上必ず農薬がかかっているそうです。ですので、安全なハーブ単体を手に入れるには、輸入する必要があります。最高グレードのハーブを入手するのは一般の方は困難とのことです。

 

ハーブファスティングクラブでは、安心して飲めるハーブを提供することは当然として、効果が最大限出せるハーブブレンドを提供てくれています。

 

小ロットなので製造原価が非常に高いそうですが、ほぼ原価で分けてもらっています。

 

 

2,ハーブブレンドの音声解説(全6回)

6か月間毎月送付する以下のハーブの成分解説と効果的な飲み方、臓器ごとのデトックスの詳しい方法を解説した音声が提供されます。

 

・腸デトックスハーブ1
・腸デトックスハーブ2
・肝臓デトックスハーブ
・腎臓デトックスハーブ
・血液デトックスハーブ
・脳デトックスハーブ
・デトックスハーブティ

ハーブブレンドごとに飲み方が異なりますし、効果的な飲み方や、デトックスする臓器ごとにポイント、注意点もありますし、デトックスする臓器によっては、おすすめの酵素ジュースのメニューやスープのレシピもあります。

この音声にしたがって、ハーブファスティングをすることで、ハーブの力を最大限発揮することが出来ます。

また、ハーブは本当にパワフルで強力なので、これを知らずに取り組むとかなり危険です。

 

特に肝臓は、パワフルな臓器のため注意が必要です。

各臓器についての役割やデトックス効果を書いておきます。

 

■腸

デトックスといって真っ先にイメージするのが腸かもしれません。実際、腸は重要ですし一般的なファスティングなどでも比較的デトックスしやすいです。

腸を良い状態にすると直感が鋭くなり、脳力アップにも効果的です。

この腸が汚いドブ川状態だと、どんな栄養を取っても無駄なのは分かると思います。

非常に重要な臓器なので、2回に分けて大掃除をします。

 

■肝臓

肝臓は人体の清掃工場で、脂肪の形で毒を溜め込んでいます。この毒素を根こそぎデトックスしていきます。

肝臓に効くハーブブレンドを使って、肝臓をデトックスするのはもちろん、血管にこびりついて脳卒中の原因となっている「血管プラーク」も除去します。

肝臓デトックスをやると血管、血流、循環がパワフルになっていくので、脳力アップにつながる上、活力が上がって、胆力もついていきます。

肝臓デトックスをすると、なぜか金運が上がったりビジネスが上手くいく人がたくさんいます。

沈黙の臓器ということで、

黙って毒素を溜め込んでいること

肝臓のデトックスはハーブファスティング以外の方法では難しいこと

血流アップや胆力が付くことで自然とパワフルな行動ができるようになること

などが要因であるかなとは思っています。

 

■腎臓

腎臓は血液の浄化施設です。

フィルターの役割をしているので、このフィルターの目詰まりを除去します。

腎臓は50代になると、3分の1は詰まった状態になってしまいます。

30代や40代でもこれに近い詰まりがあるはずですし、60代だと詰まりはひどいことになっています。

この目詰まりを除去して、血液中の重金属を排除していきます。

 

■血液

血液は他の臓器のデトックスが終わった後の集大成的なものです。

ここで、つるんと一気にデトックスが出来たりします。

血液のデトックスにはガンや腫瘍を排除できると言われているとある伝統的なハーブも使います。

万能薬で

・抗がん作用
・血液の中の余分なものの排除
・血栓除去

などにも効果があります。

しかし、医療業界では効果を否定されているハーブです。

そして、血液のデトックスは

腸、肝臓、腎臓のデトックスを行ってからやる必要があります。

そうしないと血管のプラークが飛んでしまい危険だからです。

そのあたりの注意点なども解説されています。

 

■脳

一通り臓器のデトックスが終わった後に超本格的な脳デトックスをします。

無料で提供した脳デトックスの内容とは一味も二味も違います。

・本格的なハーブを使うこと

・他の臓器デトックス終了後に実施すること

で、劇的な効果をもたらします。

日本人の8割以上がアルツハイマーの予備軍です。知らず知らずのうちに重金属と不要なたんぱく質などがゴミとして溜まっています。

この溜まったゴミをブラシで掻き出して排泄します。

これを超本格的に実践できるハーブブレンドです。

 

これらの詳細について、各20~30分程度くわしく解説された音声を聴くことが出来ます。

 

 

3,ハーブファスティングや最新の栄養学が学べる動画講座

ハーブファスティングはもちろんのこと、最新の栄養学や若返り、自然治癒力を高める方法などの最先端の健康の知識をまとめた動画講座を会員サイトで見ることが出来ます。

 

織田先生は、難病認定されている遺伝性の肺の病気を持っていて、

この病気は、気が付くと肺の空気が抜けているような状態で、月に5回以上入退院を繰り返していたときもあるそうで、20回以上肺に管を刺し治療していたそうです。

 

手術して大丈夫となったかと思ったら、

また肺から空気が抜ける・・・

本当に地獄だったそうです・・・

 

 

そのような状態から、ハーブファスティングやアロマの知識で完治し、現在は超健康体の身体を手に入れて、起業されたそうなのですが、ここで学んだ知見の集大成が、ハーブファスティングの知識とこの動画講座のプログラムです。

 

この動画講座で学べることの一例を紹介すると、

 

■ハーブファスティングの基礎知識とQ&A

ハーブファスティングの流れ、ジュースやスープのレシピなどが詳しく解説されています。

効果的なファスティングのやり方、ルール、ファスティング中に取り入れて良いものNGなもの、感情の変化を乗り越える方法、次回に向けてブラッシュアップする方法などを学べます。

 

■ファスティング中に必須の微量栄養素の知識

ファスティング中は微量栄養素を摂取しないと危険です。この微量栄養素についての知識が学べます。

 

微量栄養素とは成長や健康維持のために体が少量必要とする物質です。

 

例えば、ビタミン、ミネラルなどが有名なところです。

それ以外にも

非必須アミノ酸というアンチエイジングに効果が高い栄養素、これをどこから取るべきなのか?

研究が始まったばかりのファイトケミカル
※ファイト(フィト)は植物のことです。

ファイトケミカルとはポリフェノール、カロテノイド、フラボノイドなど、なんとなく聞いたことはあると思う栄養素です。

ファイトケミカルの4分類、8分類の方法と効果効能、効果的な取り入れ方(加熱、すり下ろしなど)などが学べます。

 

■たんぱく質や糖質などよりも重要な「油」=脂質の話

脂質を味方にすることで、

・簡単に痩せる
・肌がすべすべになる
・うつ状態が良くなる
・腸内環境が良くなる
・空腹感で苦しまなくなる
・アレルギーがなくなる
・頭の疲労がなくなる

このようなことが身体に起こります。

逆に脂質を味方にしないと、どうなってしまうのか?

一般には知られていない油の話、メカニズムを知ることが出来ます。

 

■若返りのメカニズム

細胞は日々眠っていきます。これが老化なのですが、

この眠っていく細胞を起こしていく方法があります。

そして、セレブが打つような若返りの注射は、実際効果はあるのですが、約90日で元に戻ってしまいます。

なので、高い注射を打ち続けなければ若さを維持できません。

でも、若返りのメカニズムを知ることで、高い注射などに頼らず自分自身の力でファスティングするたびに、みるみる若返っていきます。

 

このように、ほんの一例を上げただけでもかなりのボリュームになりますが、

他にも、

■各臓器をデトックスするための知識

■自然治癒と自己再生の方法

■生まれ変わるための栄養学

■細胞のサビ(酸化)とコゲ(糖化)
を取り除き、老化を防ぐ方法

■アロマとハーブで花粉症を治す方法

などなど

日本では一般に知られていない内容が学べます。

 

4,専属コーチによるカウンセリング(全3回)

守秘義務契約を結んだ専属のハーブファスティングのコーチのカウンセリングや相談を受けることが出来ます。

現在の年齢や状態によって、安全に確実にデトックス出来る方法などをアドバイスしてもらえます。

 

「3日以上のファスティングは専門家の指導の下で行うべき」

ということは、聞いたことがあるかもしれません。

これは、事実でインターネットだけの知識だけで行うと、万が一ということもありますし、ファスティングの最中に出てくる不安などの感情面の対処は、サポートなしでは厳しいものがあります。

でも、一度でも3日ファスティングをやってしまえば、2回目以降はカウンセリングなしでも問題ないとは思います。

2回目以降は自分自身で繰り返してファスティング出来る点は、他のファスティングとの違いかもしれません。

一度3日ファスティングをやりぬいてしまえば、ファスティングの度に毎回毎回10万円程度がかかるといったことがありません。

何度でも何度でも、あなた一人で3日以上のファスティングを安全に出来てしまいます。

 

5,メールでの相談、質問(無制限)

カウンセリングを予約するほどでない内容の場合には、気軽にメールで質問や相談をすることができます。

特に回数の制限はありませんので、不安に思うことが聞けるのが安心です。

 

 

実際私は、ハーブファスティングクラブに参加してハーブファスティングを実践することで

小腸、大腸、肝臓、腎臓、血液、脳に数十年間溜まった毒素やゴミを根こそぎ、掻き出し身体の外へ洗い流すことができたと実感しています。

 

自分史上最高の脳の状態を手に入れたと感じています。

 

本当に身体も若返って、疲れ知らずになって、脳もキレキレになって、どんどんパワフルに行動できるようになりました。

 

ハーブファスティングクラブに参加するには?

ここまで、読み進めているあなたは、ハーブファスティングクラブへ参加したくなっているかもしれません。

提供しているハーブが本当に貴重なもののようで、いつでも募集はしていないそうです。

下記からメールアドレスと名前を登録することで、次回の募集の情報を受け取ることができます。

現在は、自宅で出来る脳のファスティング&デトックスの動画をプレゼントしているそうです。